クラフトビールの魅力

歴史映り文化薫る

紀元前6,000年頃チグリス・ユーフラテス河畔ではシュメールの人々が、
紀元前3,000年頃ナイル河畔ではエジプトの人々が、肥沃な大地に小麦を作り、ビールを造ったといいます。

アッカド・アッシリア・バビロニアの文明期にも、
中世ヨーロッパでは修道院でも盛んに造られ、太古より綿々と途絶えることなく世界の各地で在り続け、
時代々々、土地々々の有り様を色濃く映し続けてきました。

CARVAAN BREWERYでは、
世界各地から原料を輸入し、これら歴史上のビールを私たちらしく再現することに力を尽くしています。

これが、CARVAANのビールに歴史が映り、文化が薫るという所以なのです。

世界から厳選した直輸入の原料で造る
プレミアムビール

世界各地の歴史や文化が映って見えるビール。
飯能産ホップを使用したビール。
ビールのビールたる所以を追求しながら
自由な遊び心を加えたビール。

そして勿論最高に美味しいビール。

飯能産ホップ。

私たちのホップ栽培の拠点は飯能の南高麗地区。
縄文時代から人々が暮らし、今も古寺名刹が残り、 日本の農山村の原風景を垣間見ることの出来る、希少にして何とも趣がある場所。

縁あって130有余年前の古民家と漆喰塗りの蔵を借り受け
ここに本拠を置き、農薬・肥料を使わない自然な農法で12種類のホップを栽培しています。

収穫されたばかりの生ホップをふんだんに使ったFresh Hop IPAが、毎年の秋のCARVAANオクトーバーフェストで開催されます。

LINEUP

アラビアンライム・エール

アラビアンライム・エール

CARVAANブルワリーが最初に醸造したビール。
19世紀にラガービールが普及するまでのあいだ、世界各地で伝統的に造られてきたエールビールは、上面発酵の高い温度で醸される華やかな香りが特徴。
CARVAANブルワリーのアラビアンライム・エールは、ペールモルトの芳醇な味わいに、エジプトの港町アレキサンドリアのライムピールのフレッシュな香りと、古代よりスパイスの女王と呼ばれるカルダモンの高貴な香り、そしてモザイクホップのフルーティな香りが絶妙に合わさる、エキゾチックで洗練されたゴールデン・エール。

【醸造長からの一言】
CARVAAN BREWERYのフラグシップビール。
ライムピールの爽やかな香味にカルダモンの甘い香りを加えドリンカブルに仕上げました。
スペルト・ヴァイツェン

スペルト・ヴァイツェン

14世紀ドイツ南部のバイエルン地方を発祥とする‘ヴァイツェン’は、小麦由来の柔らかい口当たりにきめ細かい泡、酵母由来のバナナのようなフルーティな香りを持つ、伝統の小麦ビール。
メソポタミアを発祥とする古代穀物スペルト小麦を使って醸すCARVAANのヴァイツェン。豊かな小麦の味わいをお愉しみください。

【醸造長からの一言】
ヴァイツェン特有のバナナのような香りは発酵時、酵母からもたらされます。
CARVAAN BREWERYでは独自の発酵方法を用いて醸造しヴァイツェンらしいフルーティな香味にすっきりとした飲み口に仕上げました。
カールヴァーン・ベルジャンホワイト

カールヴァーン・ベルジャンホワイト

14世紀初頭からビール醸造で栄えたベルギーのヒューガルデン村に一人の神父が伝えた小麦を使って醸造するホワイトビール。
ラガービールの台頭により一時は消滅するものの、1965年に再興を果たすと、その爽やかな飲み口は評判になり瞬く間にベルギー国内のみならず世界へ広がりました。
飯能の山地で実る柚子のピールとエジプト産コリアンダーの香るCARVAANベルジャンホワイトは仄かにスパイシーで爽やかな飲み口。

【醸造長からの一言】
柚子の収穫とピール加工をブルワー自らが行い2種類(表皮のみと、わたまで付いている皮)のピールを作っています。
CARVAAN・ベルジャンホワイトは、この2種類のピールの配合を四季によって変えて、どの季節に飲んでもぴったり合うビールに仕上げています。
アンデスカカオ・スタウト

アンデスカカオ・スタウト

18世紀初頭のロンドンで飲まれていた黒ビール‘ポーター’は、ウェールズを経てアイルランドに伝わり“強い”という意味のスタウト・ビールが生まれました。
CARVAANのスタウトは、アンデス山麓で実るカカオ豆のチョコレートを思わせる甘い香りと、ローストしたモルトの焙煎香が調和するアロマティックな黒ビール。後味にはローストモルトの苦味が残るすっきりした味わい。

【醸造長からの一言】
カカオニブを使用することでチョコレート風味とは違い、スタウト(黒ビール)に豊潤さを加えました。
黒ビールが苦手な方にも飲んでいただきたい黒ビールです。
カールヴァ―ン・トリペル

カールヴァ―ン・トリペル

中世よりビール醸造が始まったベルギーの修道院トラピストで伝統的に造られる複雑な香味を持つエールビールを、3種類のベルギー産モルトと3種類のヨーロッパ産ホップを使い、ベルジャン・ストロングエールとして醸造。
クリスタルモルトとカンボジアの椰子の花蕾から採れる蜜を加えることで、ボディはふくよかな味わいになり、ホップの僅かなほろ苦さが心地よい後味になります。
そして透明感のあるジュニパーベリーの香りと、二次発酵由来の柔らかなアロマが加わり、果実やハーブを思わせるような甘くてスパイシーな香りが醸し出されます。
ボトル内二次発酵により長期熟成ができますので、時の流れと共に複雑さを増していく豊かな香味をお愉しみください。

【醸造長からの一言】
CARVAAN・トリペルは「古くなったビール=美味しくない」というイメージを払拭してくれます。それは瓶内二次発酵を行うことで長期間熟成させることが可能になり、熟成させることで豊潤な香りはより強くなっていきます。熟成したビール=美味しいと感じられるビールです。

クラフトビールを
より美味しく味わうコツ

ボトルは立てて冷蔵庫で保管

ビールが届いたら速やかに冷蔵庫に入れましょう。CARVAANのビールには酵母が活きています。
常温で保管すると酵母が活性化し、香味不良や腐敗の原因となります。
保管する際のポイントは、 ボトルを立てたまま保管すること。ボトルを横に倒して保管すると、起こした際に側面に沈んだ澱と酵母が舞って、濁りや雑味の原因になります。

翌日以降が飲み頃

到着したばかりのビールは、輸送時の揺れで炭酸ガスが液中から抜けた状態になります。時間が経つと空気中に抜けた炭酸ガスが、自然とビールの中に戻っていきます。それまで1日置いてからが飲み頃です。

冷蔵庫から出したら、少し待って

冷蔵庫から出したら、15分程度待ちましょう。CARVAANのビールは香り豊かなエールビール。少し冷たさがやわらぐと香りが立ちやすくなり、ビール本来の香りと深い味わいを愉しむことができます。

グラスは凍らせず、サッと水洗い

グラスを凍らせることにより、グラス表面に凹凸ができ、炭酸が逃げやすくなります。
また、布巾で拭かれたグラス表面には、細かいキズがついています。サッと水洗いし、軽く水気を切ることで、グラス表面の凹凸に水の膜ができ、炭酸が逃げるのを防いでくれます。

注ぎ方はビールの種類に合わせて

グラスを斜めに傾け、泡立ちを抑えながら注ぐと炭酸が逃げにくく、のど越しが爽やかなビールに。
※「アンデスカカオ・スタウト」は元々炭酸が強くないので、泡立てずに注ぐのがおすすめです。

3度くらいに分けて泡立たせながら注ぐと、アロマが立ちきめ細やかな泡が出来上がります。
「スペルト・ヴァイツェン」は、香味の元となる酵母がボトルの底にたまっているので、
残り1分目くらいになったら、ボトルを振って酵母が底に残らないように注ぎ切りましょう。

さあ、美味しいビールをご堪能ください。

ここではボトルビールをより美味しく味わうコツをご紹介しました。
より一層ビールを愉しんでいただけるように
オンラインショップではビールのセット販売も行っております。